全身を伸ばしバランスを整えてくれるエクササイズ

先日YouTubeに投稿した「ライブラ」というエクササイズの解説をしたいと思います!このエクササイズは体幹から脚、体幹から腕と身体の中心から脚と腕を伸ばす意識を置くことで身体全身を伸ばし、バランスを整えてくれる全身運動です。背中は広背筋、お腹は腹横筋、脚は大腰筋の伸長、お尻の大殿筋とパワフルなエクササイズです。

段階を追って解説していきます。ピラティスは呼吸と共に身体を動かすことをして筋肉や関節に伸長感(ストレッチ感)を与えたり、筋肉を動かしてトレーニングしていきます。エクササイズと呼吸にはバリエーションがありますが、基本的には吐くことで動作をする事が多いです。理由としては吐く時に身体はコアから安定し心地よく身体を動かす事ができます。このエクササイズは特に呼吸と身体を動かすタイミングが重要です。理想のタイミングはハート吐いてから1秒ないし2秒経って動作に入る時が一番安定している様に思います。

①片脚を伸ばす

最初の動作として呼吸を口からハーと吐いて片脚を伸ばしていきます。この時にお腹が平らになってから脚を伸ばす様にしましょう。注意点は箇所は骨盤が傾かない様に左右のお尻が平行になっていることを確認しましょう。

動作のポイントはお腹から脚が伸びていることを意識おいてください。

②脚と対側の腕を持ち上げる

次に吸って、吐くことで腕を持ち上げていきましょう。この時もお腹からもしくは胸から腕が伸びているイメージをもち行いましょう。注意点は顎が上がったり、頭を丸めたりせず行います。

③伸ばしている脚をお尻の一直線上まで上げる

最後です。吸って、腕と脚のリーチ感を出して次の吐く呼吸で伸ばしている脚を持ち上げていきます。足先1本1本が真っ直ぐに伸びることで脚は持ち上がります。ここで脚と対側の腕、お腹が安定することで身体のバランスをとり整えながらトレーニングを行っていきます。1つ1つの動きを丁寧に、また意識を持って行っていきましょう。このエクササイズが全身の血液循環が良くなります。終わった後は身体がポカポカしたり、全身が伸びていると思います!

四つ這い姿勢は非常に難しいポジションです。左右バランスが崩れない様に、足先、指先がピンと伸びてエクササイズを行いましょう。四つ這い姿勢の正しい姿勢は動画を見ながら確認してみてください!

質問などはどしどしメールから送ってきていただければ返答させていただきます!今日の解説はここで終了していきます。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です