夜寝れなくて困っている(ご相談)

夜寝れなくなって困っていますというご相談をもらいました。その方の話を聞くと寝る時に明日のことが気になって考えてしまうと話をされていました。

夜寝れなくなることは誰もが経験したことがあることだと思うのですが、その理由を考えてみました。考えられる一つの理由は「頭に熱がこもっている」というイメージです。

寝れなくなるいくつかの例をあげてみました。

①.寝る直前まで身体を動かしている。

②.寝る直前まで考え事をしている。

③.携帯を触って情報を得ている。

④明日が楽しみすぎて寝れない

他にも理由は挙げられますが、この4つが誰しも経験したことがあるのではないかなと考えました。

①について、人間の身体は陽が登り活動し始め、陽が落ちることで活動モードを沈めてリラックスしていきます。これが人間のリズムなのでリラックスしていることが理想な夜に身体を動かすことで身体の流れている気が頭に集まって、熱がこもり興奮しているイメージでとなります。陽が落ちたら激しい運動はやめましょう。もし、運動がしたい場合は適度な運動に抑えてほしいのですが、寝る直前はお勧めしません。

よく言われることとして寝れない時は沢山身体を動かして疲れさせて寝ようと言われることがあるかと思いますが、余計に寝れない間違えた方法です。

②について、寝る直前まで考え事をしていると考え事は頭でするわけなので、頭に気が昇り熱がこもり寝れなくなるイメージです。

まず初めに自分の気がと整っていないんだなと気付きましょう。整っていることで考え事はなくなります。その上で何を考えているのか?なぜ考えているのかを振り返ることが必要です。

気の整え方としては、食べたいものを食べること、寝る時に湯たんぽなど身体を温めるツールを使います。温まる箇所はお腹です。熱を下に下げましょう。

③について、寝る前にSNSやニュースを見て情報を頭に取り入れる作業は、上記と同じで気が足りてなくて、情報を取り入れることで気を溜めようとするのですが、気も同時に使うので頭に熱をこもらせてしまいます。

なぜ寝る直前までスマホやパソコンを触らないといけないのか?考えてみて下さい。今日の夜から見ないで寝れるのであれば、寝る前はスマホを置いて布団に入りましょうね。

どの理由も大切なことは何故運動するのか、何故、考え事をするのか、スマホを見るのか、振り返ることが大切になってきます。まずは気や身体を整えることから始めて理由を振り返ってみましょう。

④についてはポジティブな要素ですよね。これは経験している方が多いと思うのですが、子供の頃遠足が楽しみで寝れなくなったことや、好きな人と遊ぶ簿が楽しみで寝れなくなったこと経験したことありませんか?

これはワクワクが熱に変わって頭を興奮させて寝れなくなるのが原因です。可愛らし理由ですが、対処法は上記で同じで湯たんぽなどツールを使って熱を頭から下に流してあげたいですね。

このように、いくつか例をあげましたが基本的には同じ理由が挙げられます。その中で何故なのか振り返ることで個々の解決策が変わってくるイメージであるので、まずは気を整えてその理由に気づくこと振り返ることが大切です。

また、頭に熱がこもっているのなら、辛いものを食べて発散するのも良いと思います。少し運動を日常に取り入れてみるのもいいかもしれません。

寝る時に湯たんぽで温めて、熱を脚の方に下げることも有効ですよ。


ご相談やスタジオへのアクセスはこちら▼▼

STUDIOsumica-スタジオスミカ 
〒500-8858 岐阜県岐阜市福住町1−16−2 3階
E-mail:info@pilates-sumica.com
https://goo.gl/maps/u28MCQLxqHhyD8vF9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA