脾臓について

何となく脾臓について考えていたので簡単に文章に書いてみました。

臓器の中で忘れがちなのが、この脾臓だと思っています。
脾臓は身体の左上で胃の横側にあります。脾臓はなくても大丈夫と言われていることが多いから忘れられるのかな?と思っているのですが、決して無くてもいい臓器ではありません。

脾臓の役割は僕らが食べた物から「気と血」を作ってくれる臓器です。いわゆる活動するためのエネルギーを作ってくれて運んでくれています。

臓器の位置ですが、第9肋骨と第12肋骨の間にあります。

僕らは呼吸をすることで肋骨の開閉動作を行っていますが、肋骨が動かない、締まっている状態では窮屈になり脾臓にとって居場所の悪い場所になります。

居場所が悪いということは縮こまってしまうので働きが落ちてしまうこともあることから疲れやすかったり、頭が働かない状態を作っている可能性も考えられます。

呼吸が正常に行われていればスペースを作り脾臓の動きますが、縮こめては流れが悪くなりそうですよね。

締める呼吸や、締める腹筋は体にとって良くないことかもしれないで身体全体を通して見ていただくと面白いですよ!

脾臓についてでした。

何かこんなことが知りたいなどがありましたら、教えてください!それに沿ってブログやインスタを更新していきます😃

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA